スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

#TOP

Noppoによる、Counter-Strike 1.6の攻略を主に書いています。
グレ、強いポジション、設定、AIMの仕方、フラグムービーなど紹介してます。


◆情報
プロフィール (自分のCS1.6の設定込み)
Config
インタビュー記事
Twitter

◆過去に出演したCSムービー
とんでもないプレイ [YouTube]
Top 10 Highlights of The Year 2012(HLTV.org) [YouTube]
Noppo The Movie [Youtube]
ESWC 2008 [Youtube]
谷口Movie [zoome]
M0n$ter's Movie [zoome]

◆強くなるために読んでおきたいFPSのトッププレーヤーNoppoさんによるツイートまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2137692369869871201

当サイトはフリーリンクです。
junya1231あっとlive.jp
スポンサーサイト
[ 2020/08/23 11:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(15)

【レビュー】MSI GeForce® GTX 970 GAMING 4G GOLDEN EDITION

以前MSI様から頂いた「MSI GeForce® GTX 970 GAMING 4G GOLDEN EDITION」のレビューを書いてみたいと思います!
FullSizeRender.jpg


■通常のバージョンとは異なる「ゴールデンエディション」。
写真 2016-03-29 0 39 15
旧来のヒートシンクはアルミ製のヒートシンク&ヒートフィンを搭載。
しかし、Golden Editionはヒートシンクやヒートフィン・ヒートパイプもすべてが銅製となっている。

写真 2016-03-29 0 33 01
銅製にすることで熱伝導を高め、より効率的にVGAの熱を逃がすことが可能に。これにより、長時間のゲームでも安定してFPSが出続ける。これはCS:GO大会などの長時間プレイが必要とされる競技向けゲーマーに取っては非常にありがたい。
このグラフィックカードにしてから、自分は長時間プレイでもFPSが下がる心配をしなくて良くなった。

390gに対してGTX970 Gaming 4G Golden Edition は約680gと重みが増したしまうため設置に関するいわゆる「たわみ」が少し増してしまう可能性がある。しかしながら、GTX970 Gaming 4G Golden Editionでは通常モデルには無いバックプレートを搭載している為、重量による「たわみ」対策もきっちりとしている。

■MSI GeForce GTX 970
写真 2016-03-29 0 31 39
性能が良いのはもちろん、クーラーが良く冷えて、静か
TWIN FROZR Vというクーラーとファンが、スマートによく冷やしてくれます。

animation_golden.gif
LEDのイルミネーションを変えられるのも良いです。

写真 2016-03-29 0 36 54
グラボも簡単に交換可能。
①古いグラボを外す。②新しいグラボを装着。③PCI-Eケーブルをグラボに挿せば完了。

■CS:GOで以前のグラフィックカードと比較。
写真 2016-03-29 0 30 17
GeForce GTX 560と比較していきます。

de_infernoで、どのくらいFPSに差があるのかを検証しました。
(左: GTX 560 右: GTX 970)

◇ミッド
  
GTX 560がFPS140~160に対し、GTX 970はFPS210~240
約80FPSも上がっています。

◇ミッドSG
   
SGの中では、特に違いが現れました。
GTX 560では120FPSにまで落ちるのに対し、GTX970ではFPSが特に落ちることなく、常に200FPS前後をキープ。
120FPSまで落ちると、連射速度も遅くなりプレイに影響します。

■定番3Dベンチマークソフト「3DMark」で測定
GTX 560
  GTX560_Score.png
  


GTX 970
  GTX970_Score.png
  

凄いスコアの差が出ましたね。
ベンチしている時に、凄くわかりやすかったので、動画もアップしました。

■超軽い配信&録画ツール「ShadowPlay」
GeForce GTX 500シリーズでは、使用できないGeForce Experience機能「ShadowPlay」がGTX 970で使用できるようになったのが、個人的に大変嬉しかった。弾の跳びに非常に敏感な自分は、重くなることで配信をするのが少し嫌だった。しかしShadowPlayを使用してからゲームが全く重くならずに配信できるようになり、とても重宝している。
bandicam 2016-04-03 23-14-44-406



■まとめ
今回グラフィックカードをアップデートして、FPSが上がったことがとても良かった。
また、MSIのファンと銅製のヒートシンクのおかげで熱を気にしないでプレイだけに集中することが出来ました。
ゲーム中気になるファンの音もなく、まさにゲーマーのことを考えて作られたグラフィックボードだと思います。
最新作のゲームもサクサク動くようになり、友達と一緒に楽しめるゲームの幅が広がりました。

「MSI GeForce® GTX 970 GAMING 4G GOLDEN EDITION」、オススメします!

製品ページ: https://jp.msi.com/Graphics-card/GTX-970-GAMING-4G-Golden-Edition.html#hero-overview
[ 2016/04/03 22:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

設定更新

■コマンドライン更新
非常に軽くなり、リコイルしやすくなりました。

-threads 4」を追加。

-refresh 120 -novid -console -processheap -preload +fps_max 300 -language -tickrate 128 -threads 4 +exec autoexec

※CPUによって -threads の値が変わります。
 Intel i5 … -threads 4
 Intel i7 … -threads 8

■クロスヘアー色を緑に変更。
2016-02-20_00002.jpg


[ 2016/02/20 19:36 ] CSGO | TB(0) | CM(4)

設定更新 Config & グラフィック

Config更新しました。

ダウンロード

■起動オプション
-refresh 120 -novid -console -processheap -preload +fps_max 300 -language -tickrate 128 +exec autoexec

■NVIDIA設定
bandicam 2015-12-31 03-10-35-562_

3D設定はデフォルト(垂直動機はオフ)
デジタルバイブランス 100%

■CS:GO グラフィック設定
2015-12-31_00001.jpg

■マウス設定
DPI = 400
ポーリングレート = 1000hz

■モニター
引き伸ばし
120Hz
[ 2015/12/31 03:17 ] CSGO | TB(0) | CM(2)

CSGO Settings

デバイス
マウス : ZOWIE GEAR FK1 BLACK
マウスパッド : SteelSeries QCK heavy
キーボード : SteelSeries 7G
ヘッドセット : Sennheiser PC 350 SE
モニター : BenQ XL2420Z

デバイス設定
マウス : 400dpi, 500hz
モニター : 120hz

ゲーム内の設定
解像度 : 800x600
Sensitivity "2.1375"
m_rawinput "0"

照準
cl_crosshaircolor "4"
cl_crosshairsize "4"
cl_crosshairstyle "4"
cl_crosshairgap "-1"

グラボの設定
垂直同期オフ、その他デフォルト

Config ダウンロード
[ 2014/08/28 02:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。